津軽三味線と邦楽を聴ける会席、浅草2丁目「和えん亭 吉幸」周辺最新情報

英文版メニューのご紹介

創業8年目の和えん亭吉幸は、これまで数多くの暖かいご支援に支えられて参りました。
その中のお一人Mさんには、毎回替わるお献立メニューの英文版の作成をお願いしています。
たんに日本語版のメニューを英語に変えているわけではありません。
お料理が替わるたびに毎回、実際に目と舌で試食していただいています。
その博識で人生経験豊かなMさんの手によって、その時々の旬の素材や調理方法をメニューに表現していただいています。
英語圏の外国のお客様が当店でのお食事をより楽しんでいただくために、今では欠くことのできないメニューリストとなっています。
ご参考までに現在の「仲秋のお献立」はここをクリック


 

  1. 更新日:2012/10/07
  2. カテゴリー:

マイケル・ジャクソンのママご一行来店

マイケル・ジャクソンのママご一行来店

いよいよ師走となり、浅草の街も年の瀬らしくせわしなくなってまいりました。
そんな中、マイケル・ジャクソンのママご一行が吉幸に来店いたしました。
この日はたまたま龍人の演奏。
ママも龍人の演奏を真剣に聞いていただきました。
とても気さくな方で演奏後、快く記念写真に収まっていただきました。

おかげさまで吉幸も七回目の新年を迎えさせていただきます。
これからも皆様とのご縁を大切に日々精進いたす所存です。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます
なお新年は例年通り、元日より営業させていただきます。

津軽三味線 福居幸大

 

  1. 更新日:2011/12/16
  2. カテゴリー:

「龍人CD」が宇宙を旅した証明書

「龍人CD」が宇宙を旅した証明書

宇宙飛行士山崎直子さんから次の証明書が和えん亭吉幸に届きました。
(画像はその証明書/画像クリックで拡大します)

--------------------------------------------------------------
証明書
この「龍人CD」はスペースシャトル・ディスカバリーに搭乗して
国際宇宙ステーションに行ってきたことを証明します。
フロリダのケネディスペースセンターパッド39Aから
2010年4月5日午前6時21分(東部南時間)に打ち上げられ
地球軌道を238回飛行して4月20日午前9時18分(東部南時間)に
ケネディスペースセンターRunway33に着陸。
ディスカバリーは地球から221マイルの高度に達し、
時速17,500マイルの総飛行時間は15日2時間47分10秒、
総行程は6,232,235マイルの道のりでした。

宇宙飛行士 山崎直子(自署)
--------------------------------------------------------------

 

  1. 更新日:2010/07/19
  2. カテゴリー:

宇宙に津軽三味線が鳴り響く

三社祭り近し

いま手もとに一枚の写真があります。写っているのはスペースシャトル内での日本人女性宇宙飛行士Yさん。そしてその傍には無重力状態でぽっかり浮かんでいるCDが一枚写っています。真紅の装丁のCDには「龍人」の文字が。。。「龍人」といえば福居幸大とその仲間が収録したアルバム。そうなんです!この写真はYさんが宇宙にCD「龍人」を持って行ってのツーショット。 そして背景の丸いコックビットの外には私たちの地球が見えます。ライセンスとかの問題でいま現在は実際の画像をここでお見せすることができません。

当店にご来店いただく方々は幅広く、多方面の方々にご縁をいただいておりますがYさんもそのおひとり。お仲間の方々と津軽三味線を楽しんでいただいております。画像は浅草アーケード風景。浅草界隈はいま真近に迫った三社祭の準備で一色。

(吉幸お庭番)



【追記】
その後浅草三社祭の当日、山崎直子さんが当店にお見えになりました。
実際に宇宙に持っていったCD「龍人」をわざわざ持って来ていただきました。
そのCDを真ん中にして福居幸大と女将との記念写真
もう一枚はスペースシャトル内での山崎さんと「龍人」

 

  1. 更新日:2010/05/11
  2. カテゴリー:

粋な贈りもの

水彩画

和えん亭吉幸の店先は浅草寺との通り道になっていまして、お店の佇まいが道行く人のカメラの撮影対象になっています。

ある日の昼すぎのこと、お店の前に腰を落ち着けてなにやら吉幸の建物をスケッチしている方がいらっしゃいます。見るとどうやら欧米系の外国人男性。外国の旅行者の目にはもの珍しい古民家風の家屋をスケッチしているものと思っておりました。お昼の営業が終りお客様がお帰りになったあと、玄関のカギを閉めておりましたらその引き戸の隙間からスーッと一枚の絵が差し込まれました。絵を描いていた外国人の方はすでに姿を消しております。

この絵の扱いをどうしたものかと長いあいだ思案しておりましたが、私どもはこう考えました。これは吉幸へのプレゼントとしてありがたくいただこう。しかもとびっきり粋(いき)な贈りもの。どうやら粋は日本人だけの専売特許ではないようです。名前も告げずに絵だけを残して立ち去ったペインターさんありがとうございます。

(絵の画像はクリックで拡大します。この絵は吉幸オリジナルの絵葉書にしつらえてご希望のお客様に差し上げております)

 

  1. 更新日:2009/12/20
  2. カテゴリー: