津軽三味線と邦楽を聴ける会席、浅草2丁目「和えん亭 吉幸」周辺最新情報

沈丁花がお客さまをお出迎え

沈丁花

今年も桜のたよりがちらほら聞こえてくる季節になりました。
隅田川沿いのソメイヨシノも今や遅しと開花を待つばかり。
今年の花見は建築中の東京スカイツリーが背景となります。
そして和えん亭吉幸の玄関前先の庭では、いま沈丁花が主役。
独特の香りで訪れる人のお出迎え。
ほんの小さな庭ではありますが様々な草花が懸命に季節の移ろいを知らせてくれます。

ところでちょっとふるい話しにはなりますが、業界紙の日本金融新聞に福居幸大のインタビュー記事が載りました。普段は津軽三味線の演奏でお客様に楽しんでいただく福居幸大なのですが、インタビューのなかで「数字だけでなく起業家のやる気や熱意を理解してから事業を評価してほしい」と起業家として金融機関に注文をつけているところにご注目。
(吉幸お庭番)

 

  1. 更新日:2010/03/15
  2. カテゴリー:浅草